メシに関する無駄知識や逸話を書いていけ

    9
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:06:33.88ID:1dUzM8Uq0
    行け
    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:07:30.70ID:1dUzM8Uq0
    包丁とは、包丁を使ってた中国人の名前
    57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 22:10:39.94ID:Am48bKHv0
    >>2
    包をする丁さんか

    トマトは元々観賞用として日本に入ってきた
    誰だよ最初に食った奴…
    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:08:43.46ID:nA7vC2Ds0
    ハンバーグはハンブルグ生まれ
    11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:10:44.21ID:1dUzM8Uq0
    戦国時代の武将たちは縄を携帯していた
    これは芋がら縄と言ってサトイモの茎を干して編んだもので、いざというときは味噌汁の具になった
    13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:11:34.20ID:7DTer42o0
    ウナギの旬は冬眠に備えて身に養分を蓄える晩秋から初冬にかけての時期
    土用の丑の日は夏にウナギの売り上げが落ちるために考え出されたもの
    14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:12:13.59ID:B3X2SPyK0
    >>13
    そのアイディアを出したのは平賀源内
    16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:13:00.32ID:1dUzM8Uq0
    >>13
    ちなみに、一番うまいのは産卵のため降海したウナギ
    脂の乗りが段違いで伝説的に美味いため、ただでさえ貴重なのに漁師に見つかり次第食われてしまうので、
    そのためにウナギの産卵場所がなかなか特定されなかったという冗談みたいな話がある
    20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:16:25.91ID:1dUzM8Uq0
    『まおゆう』で半端に有名になった救荒食の王様・じゃがいもだが、
    ジャガイモは切った途端酸化して切り口が黒くなるため、伝来当時の欧州では「悪魔の食べ物」として不人気だった
    22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:18:44.53ID:1dUzM8Uq0
    満漢全席では『猿脳』という料理がある。生きたまま頭蓋骨を切り取ったサルの脳みそをスプーンで食べる料理だった
    もちろんサルは脳を徐々に削られていくので、次第に朦朧として死んでしまうのだが、その残酷さがまた味の引き立て役らしい
    無論のこと野生サルの体内にはエボラ出血熱などの得体のしれないウイルスがいるため、食ってもいいことはない
    24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:22:20.08ID:1dUzM8Uq0
    東北では、ウサギ鍋を作るときは必ず腸も入れて煮る
    しかも中にある未消化のウンコも洗わず、確実にウンコである部分だけ取り除いて煮る
    そうすると山の木の芽の匂いがして味が良くなるらしい
    27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:25:06.83ID:7Mx20gTd0
    お前らが普段食ってる「ししゃも」は実はししゃもじゃない
    あれはカペリンっていう魚
    28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:27:08.16ID:1dUzM8Uq0
    >>27
    ちなみに「ししゃも」は、アイヌ語で「柳の葉」を意味する「ススハム」が語源
    その昔、飢えに苦しんでいたアイヌを憐れみ、神様が柳の葉を千切って川に流したところ、それがシシャモになったそうな
    ということでいっぱい獲れるししゃもはアイヌにとっては救荒食であり、まさに神の食べ物だった
    38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:42:49.53ID:1dUzM8Uq0
    ニンニクは中央アジア原産の食べ物。それ故、餃子にはニンニクが入っている
    実はロシアにも『ペリメニ』という、いわばロシア式粋餃子がある
    41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:45:36.58ID:tqicudu50
    >>38
    UFO型の奴だよな
    第二次大戦勃発直後のソ連軍ではバターなんていう贅沢品はなかったので、分厚く切った動物の脂肪をパンにのせて食べていた
    寒冷地では重要な脂質とカロリーを大量にとれるので理にかなっている
    44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 21:56:22.88ID:1dUzM8Uq0
    インド人のカレーのお供であると思われているナンは、実はインド人には馴染みが薄い、らしい
    ナンは実は専用の調理器具がないと作れない食べ物なので、インド人に「ナン」と言っても「食べたことがない」と言われる可能性が大きい
    50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 22:03:17.66ID:PoVwtQrMP
    >>44
    52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 22:05:23.12ID:sUjvAJk1O
    >>44
    一方、アフガンには自宅にナン焼く釜が普通にあるらしいな
    93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 22:33:02.81ID:1dUzM8Uq0
    サッパとう魚は、岡山では「ママカリ」と呼ばれる
    サッパの料理があまりにも旨すぎてご飯に合うため、これをおかずにすると隣にご飯を借りに行かなければならないほど食が進むことが由来
    103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木) 22:48:22.13ID:0Q1ZcA8H0
    松茸は外国ではかなり不評
    この記事をシェアする!
    おすすめ記事
    厳選おすすめまとめ!
    9コメント
    1. 1 名無しさん

      子供の頃、漁で取得した野ウサギを食べたが
      もの凄く臭かった。

    2. 2 名無し

      ナンは日本でたとえれば赤飯みたいなもんかな、普通はチャパティという無発酵の生地を鉄板で焼いたものをカレーと共に食す

    3. 3  

      外国人の友人を焼き鳥屋に連れてったらタレをべた褒めしてた

    4. 4 名無しさん

      ナンは大きな窯がないとできないんだっけ?
      インド人の国民食みたいに有名になったのは
      日本に出稼ぎに来れるインド人が比較的裕福だったからなんだろうなぁ

    5. 5 名無しさん

      ※4
      日本でインド料理やってる外人はたいていスリランカ人だよ。
      スリランカ料理じゃ客入らないからインド料理の看板掲げてる。

    6. 6 名無しさん

      ※5
      インド人ですら無かったのか

    7. 7 名無しさん

      焼き鳥のタレはやたら白人に人気だよな
      テリヤキ大好きすぎだろあいつら

    8. 8 名無しさん

      白人は塩のほうが好みだぞ

    9. 9 名無しさん

      ※8
      いやいや、アメリカのTeriyaki人気はすごいから

    つかいかた
    • コメントの引用は「※」につづいて英数字の形式です。(例、※3)
    • 記事中のレスの引用は「>>」につづいて英数字の形式です。(例、>>113)
    • トラブルに発展する恐れのあるコメントはお控えください。
    流速VIPのキャラクター『流速さん』
    流速VIP
    2chまとめブログ『流速VIP』は、いきものを見つけたり、お料理したり、お部屋を晒したりといったVIPPERの日常をお届けしています。

    近況
    ・コメントの返信ボタンを押したときの動作をなおしました。不具合をお知らせいただきありがとうございました!(2021年8月10日)

    掲示板
    おーぷん2ch
    人気の記事
      ホームに戻る
      ブログパーツ